女性

変化に合わせた治療方法

女性

タイミングが重要

美容整形外科クリニックで受けられる施術といえば、ボトックスを挙げる人は少なくないでしょう。ボトックスは小顔やシワ改善効果が望める方法として、幅広い年代の人から人気を集めています。近年はエラの縮小などを目的に施術を受ける男性も多く、その人気はますます高まっているといえるでしょう。ボトックスの名は有名になりましたが、その効果について詳しく知っているという人はまだまだ少ないものです。施術を受ける前にボトックスの特性を知って効果的に利用しましょう。ボトックスは、筋肉の収縮を抑制する働きを持ちますが、注入後すぐに効果が現れるわけではありません。注入後は見た目は殆ど変わりませんが、2日から3日ほどで施術箇所に違和感を感じるようになります。そして3日を経過したあたりからおよそ1週間から2週間ほどで、理想とする効果が目に見て現れるといわれています。2週間もすれば変化が落ち着き、安定するといわれているので、2週間以上経っても施術箇所の違和感が消えなかったり痛みを感じるようであれば、すぐに医師に相談しましょう。また、施術から2週間が経過した時期が最も効果を実感できる時期なので、期待した仕上がりにならなければボトックスの注入量が少なかった可能性があります。美容整形外科クリニックで更にボトックスを注入してもらうか、次回施術を受ける際には量を増やしてもらう必要があります。ボトックスの効果の現れ方は、人によって異なります。本人の体質に左右されることも多く、元々の筋肉量によっても効果の現れ方は異なるのです。注入量や注入箇所、ボトックスの品質でも人によってバラつきがあるので、最初のうちは施術箇所の様子をよく観察して次回の施術で調整しましょう。ボトックスは効果が現れるまでに一定の時間を必要としますが、持続する期間も限られています。基本的に効果の持続期間は3ヶ月から4ヶ月、長ければ半年ほどだといわれています。3ヶ月というと短いようにも感じますが、ボトックスには継続して注入し続けることで、効果の持続時間が徐々に長くなるというメリットがあります。最初のうちは3ヶ月程度しか持続しなくても、継続的に注入していくことで筋肉の働きが弱まり、半年程度効果が続くようになるのです。年に2回から3回程度のサイクルで注入し続ければ徐々に効果が長持ちするようになるので、定期的に施術を受けるよう心掛けましょう。ボトックスは年齢や体質を気にせずに受けることができる美容整形方法ですが、妊娠中は施術を受けることができません。また、注入する際には避妊を義務付けている美容外科クリニックもあるので、タイミングをよく考えて申し込みましょう。長く継続していく治療だからこそ、無理のないサイクルが組めるように、タイミングを上手く測ることが大切だといえます。また、同じ施術をずっと続けていくだけでなく、効果の現れ方や持続時間に合わせて注入量や注入箇所を変えていくといった、臨機応変な対応が必要です。話しやすい医師であれば気軽に相談できるので、カウンセリングの段階で自分と相性が良いか否か、確認しておくと安心です。