女性

自宅で手軽にケア

医師

似た効果を持つ成分

一般的に美容整形外科クリニックが行っているボトックスといえば、注射器で注入する方法が有名です。しかし、中にはアルジルリンという美容成分が含まれた、塗るタイプのボトックスも存在します。塗るボトックスの名で知られるアルジルリンは、ボトックス注射が禁止されていたスペインで製薬会社によって開発された成分です。厳密にはボツリヌス菌が含まれていないため、名称に疑問を抱く人も少なくありませんが、ボトックスに近い効果が期待できるため、わかりやすいようにこの名称で呼ばれています。完全にボトックスと同等の効果を求めることはできませんが、アルジルリンは肌にハリを与えてシワを改善することができるので、ボトックスに近い効果が期待できるといえます。アルジルリンは筋肉に直接アプローチすることはできませんが、表皮に塗れば角質層まで浸透します。小じわの改善に有効なので、アンチエイジングを目指している人にはおすすめの方法だといえるでしょう。また、ボトックスに比べると効果や即効性に劣りますが、その分強い副作用が現れる心配がないという点は魅力的です。注射器を使うことはないので、より安全に美しい肌を手に入れたいという人は、アルジルリンを試してみましょう。全ての美容外科クリニックが塗るボトックスを扱っているわけではないので、事前に取り扱いがあるか確認しておくことが大切です。アルジルリンは、美容外科クリニックで購入すれば自宅で使用することができまるので、スキンケアの一環として、朝晩、肌に塗りこむ習慣をつけるといいでしょう。すぐに効果を実感することは難しいですが、長期間継続的に使用することで、シワの改善や肌のハリといった効果を実感できるはずです。まずはアルジルリンを試して、望む効果が得られなければボトックス注射に切り替えるというのも一つの手です。ボトックス注射は筋肉に直接アプローチする方法なので、量を誤らなければ効果が現れないということはまずありません。ボトックス注射の良い点は、効果を望む箇所にのみアプローチできるという点です。深いシワだけを改善したり、エラの張りだけを抑えたいといった部分的な使い方ができるので、問題が絞られている場合にはボトックス注射は最適だといえるでしょう。また、ボトックス注射は顔だけでなく、ふくらはぎにも使用できます。小顔だけでなく足を細く見せることも可能なので、希望があれば医師に相談してみましょう。ボトックス注射はアルジルリンよりも高い効果を得られるという点でも人気を集めていますが、他にも理想的な効果を持続させることができるというメリットもあります。ボトックスの効果は3ヶ月から半年と比較的短いものですが、定期的にボトックスを注入すれば効果を維持できます。また、半年以上放置すれば元の状態に戻るので、万が一期待する効果が望めなかった場合にも、元の姿に戻ることができるというのも嬉しいポイントだといえるでしょう。使用方法さえ誤らなければ、ボトックスも美容整形外科施術の中では非常に安全性の高い方法だといえるので、信頼できるクリニックを探して試してみましょう。